「の」の壁

習字を習い始めの頃

どうしても「の」の字がうまく書けなくて

課題に「の」があると緊張して

思うように作品が仕上がらず

やる気がだだ下がりしていたことを思い出します。

生徒の作品「の」が惜しい!

苦手意識が先に立ってしまい

偶然うまく書けるときもあるけれど

運を天に任せる感じで書いていました(笑)

大人になって

師匠からうまく書くコツを聞いてから

どんな形の「の」でも書けるようになりました。

今ではどんとこいです。

うまく書くコツとは

動きを6分割にして

それを滑らかにつなげること。

上にあがる時の傾き加減で

形を変えることができます。

筆の場合はこれに毛のねじれが入ってくるので

さらに技術が必要ですが

まずは形を攻略して

高い「の」の壁に挑んでみてください。

前の記事

ペンにこだわっていますか?

次の記事

筆で線を引く技術