筆で線を引く技術

お稽古では中学二年生から

筆で線を引いてから文字を書きます。

枠を作るのです。

これが最初は難しい。

筆が安定せず均一の線になりません。

なぜ線を引くのか。

私の師匠は学生のころ

戦時中で空襲警報が鳴る中

これが最後の作品になるかもしれない

と思いながら文字を書いていたそうです。

紙も貴重だったはずです。

そんな経験から「一枚清書」の精神で書くよう

後進の指導に罫線を引く技術を入れたのだと思います。

線の引いていない真っ白な紙だと

失敗しても次があると思って気持ちが緩むので

苦労して線を引いて、間違うことのできない貴重な紙にするのです。

お稽古で毎回線を引いていると

まるで職人のような線を引けるようになります。

毛の一本をコントロールするので

文字も上手になります。

一枚の紙、一本の線に想いを込める

そんな作品を目指して日々鍛錬しています。

前の記事

「の」の壁

次の記事

1点シンニョウと2点シンニョウ