令和4年加賀市小中学校書き初め展

令和4年1月15日、16日と加賀市美術館にて小中学校書き初め展が開催され、

わたり書道塾の生徒29名の作品が、各学校の代表として展示されました。

塾では冬休みの最初に、体の位置や細やかな筆運びの練習をします。

やる気のある生徒は、年末年始に家でもたくさん枚数を書いて宿題を仕上げます。

年明けは広い会場で錬成会を行い、始業式に行われる本番の席書会に向けて最後の書き込みをします。

書き初めはとにかく数をこなすことで、筆が手について思うような線が引けるようになります。

今年も、たくさん紙を買って、練習で墨を1本使いきった生徒が良い結果を出していました。

ただ、練習や宿題がどんなに上手でも、本番で実力を出せなければ代表には選ばれません。

席書会で自分の力を最大に出すためには、本番と同じ気持ちで練習を積み重ね、

どんな状況でも平常心で書くことができる、強い気持ちを培うことが一番大切だと感じます。

今年代表になれず悔しい思いをした生徒は、その気持ちをばねに日々のお稽古に励んでもらいたいと願います。

大賞7名 特選14名 入選8名

お問合せ

入塾、オンライン講座開催、作品・筆耕依頼などお気軽にご連絡ください。
わたり書道塾から返信されるメールを携帯電話で受け取る場合には、端末側で「[@watarisyodoujuku.com]からのメールアドレスを受けとる」という設定(ドメイン指定解除)をしてください。