鉛筆を一発で正しい形で持つ方法

今日は5歳児女児ふたりのかきかたのお稽古。

まずは鉛筆の持ち方から。

美しい文字を書くには

鉛筆を正しく持つことが近道です。

幼児は手も小さく力の加減が定まっていないので

安定して持てるようになるまで

鉛筆を持つときの動作を繰り返し教えます。

合言葉は「つまんで スッ」

削ってある芯の先を自分に向けて置き

2本の指でつまんでから

そのまま起こして中指を鉛筆の下に添える。

3本の指が自然と正しい位置になります。

三角鉛筆を使うと持ちやすいです。

このやり方、以前テレビで女優の野際陽子さんがしゃべっていて

いい方法なので指導に取り入れました。

持ち方に悩んでいる人はぜひ試してみてください。

お問合せ

入塾、筆跡改善、筆耕に関してお気軽にご連絡ください。
わたり書道塾から返信されるメールを携帯電話で受け取る場合には、端末側で「[@watarisyodoujuku.com]からのメールアドレスを受けとる」という設定(ドメイン指定解除)にしてください。

次の記事

エニアグラムで腑に落ちた話