SNSの情報は鵜呑みにせずきちんと調べよう

毎年夏休みの宿題として、小中学生は習字・書道の応募があるのですが、

今年はコロナ禍の影響で、全国JA共済書道コンクールが中止になったとSNSに流れていたので、

宿題用のお手本を書くことはないだろうとゆったり構えていたら、

生徒が学校から配られた宿題のプリントで、書道の応募があることが判明!

JA共済のホームページを見てみると、石川県を含めいくつかの県は独自に県コンクールを開催すると書いてありました。

でも、画面をスクロールして、クリックしてたどり着いた情報。パッと見では見落としそうです。

SNSの投稿を見た時点で、おおもとをたどり、細部まで確認することを怠ってはいけないと、教訓となりました。

スマホで見た時の最初の画面
スクロールしないと見えなかった
クリックしてようやくたどり着く

お問合せ

入塾、筆跡改善、筆耕に関してお気軽にご連絡ください。
わたり書道塾から返信されるメールを携帯電話で受け取る場合には、端末側で「[@watarisyodoujuku.com]からのメールアドレスを受けとる」という設定(ドメイン指定解除)にしてください。